3017年7月26日土曜日

2018年予定


Black Nerd Fes vol.4 -Let's Go World Nerdy Journey- 
(イベント公式サイト)


OPEN 10:30 / START 11:00 - END 20:00
3000円(別途ドリンク代500円を頂きます)
高校生無料

Food出店 インドカレー よすが

Free お菓子 有り

出演:
割礼
otori
3776
SGGK
RUINS
Cobalt
姫乃たま
三富栄治
しののめ
内田るん
HOMMヨ
MCビル風
ほたるたち
田島ハルコ
加納エミリ
ロクトシチ
横沢俊一郎
SAKA-SAMA
吉田和史×夜窓
山口やまぐAHM
オシリぺンぺンズ
Weekday Sleepers
ニシオカディドリー
山口やまぐと地獄少年
xoxo(Kiss&Hug) EXTREME

------------------------------------------------

MCビル風のバイオグラフィと連絡先こちらのページに掲載されています。よろしければご覧下さい。

最近日に日に寒くなっておりますので、どうかお身体にはお気をつけてお過ごし下さい。

2222年2月23日土曜日

MCビル風のLIL 1/2 DEAD

「MCビル風のLIL 1/2 DEAD」という曲を作って録音してSoundCloudにアップしました。よろしければ聴いてみてください!

試聴リンクはこちら

使用機材:Korg ES-1 & EA-1、CUSTOM TRY CM-2000 MIC、ART TUBE MPマイクプリ、AKAI MG614、Behringer MDX2100


2222年2月22日金曜日

MCビル風 Live at 「第二回 俺たちを敬え」 2016/6/4



MCビル風 Live at 「第二回 俺たちを敬え」 2016/6/4 

撮影: 白岩 義行
Twitter →https://twitter.com/yoshiraiwa
Facebook→https://www.facebook.com/yoshiyuki.sh...

田島ハルコ x エレファントノイズカシマシpre 「第二回 俺たちを敬え」
2016/6/4(sat)17:30~ ¥1000
@中野ベースオントップ211

出演:
田島ハルコ
エレファントノイズカシマシ
KLONNS
MCビル風
エママウス
シベールの日曜日


2018年12月10日月曜日

2018年11月25日(月)~11月30日(金)

2018年11月25日(日)

昼近くになり起床。三連休の最終日。

金曜はジンギャザへ遊びに行き、土曜はAさんとデートをし、かなりアクティブに動いた週末だったため、少し疲れを感じるが気分は良い。

洗濯をして部屋の掃除をする。それらがひと段落したらソファーに腰掛けて、昨日Aさんからもらった、彼女が作ってくれたMIXテープを聴く。彼女の好きなアーティストの曲たちを集めたMIXテープで、聴くとAさんは普段こういうのを聴いているんだな、と親しみが湧くのを感じる。これらの曲たちが彼女の生活にいつも寄り添って鳴っているのだな、と思うと、その人のパーソナルな部分に触れたような気がしてドキドキしてしまう。

コーヒーを飲んだり本を読んだりするが、疲れからか少しうつが出始めたような気がして、慌ててカメラを持って少し歩いたところにある公園へ散歩に行く。

これは、と思った景色をパチパチ写真におさめるが、これでいいのか(?)よく分からない。楽しいからいいのだろうな。

夜、Aさんと電話。とても楽しい。MIXテープの感想など伝える。

薬飲み眠る。


2018年11月26日(月)

朝起きてバナナとドーナツを食べて朝食とす。

思うところあってSpaceghostpurrpの諸作をiPodに入れたので、リリース順に聴いていく。何を考えて音楽を作っているのか分からない、ひたすら暗くズブズブと沈み込んでいく酩酊を誘うようなビートにブツブツラップするスタイルに震える。

日中は仕事。

夜、Aさんと電話。とても楽しい。

薬飲み眠る。


2018年11月27日(火)

朝起きてバナナとドーナツを食べて朝食とす。

日中は仕事。

夜、Aさんと電話。とても楽しい。

Aさんと電話する時間を確保するため、帰宅後にすぐにシャワーを浴びたりご飯を食べたりと、今までうまくできなかったことがテキパキできるようになってきた。これはとても嬉しいこと。ちょっと前までは風呂に入るのがとにかく苦手過ぎて苦痛で仕方なかったのに。

薬飲み眠る。


2018年11月28日(水)

バナナとドーナツを食べて朝食。

日中仕事。

夜、Aさんと電話。とても楽しい。

薬飲み眠る。


2018年11月29日(木)

バナナとドーナツを食べて朝食。

日中仕事。

夜、Aさんと電話。早くまた会いたいね、という話をして、金曜日、仕事のあとに会うのはどうだろう?という話になる。あと二日寝たら会えるのか、そう考えていたら、金曜日はつまり明日だった!二人ともそのことを分かっていなかったので、二人して笑い合った。

明日はAさんに会える。そのことがとても嬉しい。

薬飲み眠る。


2018年11月30日(金)

バナナとドーナツを食べて朝食。

持っている中で最もおしゃれなお気に入りの衣服を着込み、グリースで髪を入念にセットしたのち出勤。

今夜Aさんに会うことを考えると、仕事中ずっとそわそわしてしまう。

会う場所は、Aさんの住んでいる場所の方面で考えていたが、色々二人で話し合った結果、自分の職場からほど近い場所で会うことになった。Aさんは家が遠いのに、自分の住んでいる方まで来てもらってしのびない。

時計を見ながら何度も何度も退勤の時間が早く訪れることを待ち望み、そしてついに運命の時。ダッシュで職場を飛び出し電車に乗り込む。

ドキドキしながら待ち合わせの駅にたどり着くと、キュートなAさんがキオスクの隣で佇んでいたのであった。

毎晩電話しているのに、出会い頭の挨拶で「お元気そうで」と言ったAさんがおかしくて、また二人で笑い合う。

ニコニコしながら二人で歩き出し、お気に入りのチルな居酒屋へ。店内は仕事を終えたサラリーマンたちで混雑していたが、カウンターの席がちょうど二つ空いていたので良かった。

美味しい料理を食べ、ゆっくりお酒を飲みながら、色々な話をする。ここのお店は本当に美味しくて雰囲気も良くて素晴らしい。二人でとても楽しい時間を過ごす。

お会計をするときにお店のおばちゃんがくじを持ってきて、くじを引いたら500円引きの券が当たった。店内のお客さんたちから「おめでとう」と祝福される。嬉しかった。

楽しい時間はいつでもあっという間だ。しかしAさんと二人、駅まで来たもののお互いになかなか別れのタイミングを切り出せない。

ここで意を決して、言うなら今しかない!!ということで、Aさんに「大好きです、僕と付き合ってください」と告白(!)をする。ムードもへったくれもない駅前の雑踏の中で告白してしまった!!!胸が高鳴り、めちゃくちゃドキドキして、もう泣きそうである。

突然の告白に彼女はびっくりして目を丸くしたあと、「あなたとは一緒にいて楽しいし、でも……」と「でも」が挟まったので、どうなる!?と思ったが、「私も覚悟がいるなと思っていたんだけど、あなたとだったら一緒にいられると思う。こちらこそ、よろしくお願いします(大意)」という返事をもらったのであった!!!

飛び上がるような嬉しさで胸がいっぱいになり、駅前の雑踏の中、彼女と二人見つめ合ってはにかみながら笑ったのでありました。

その後家が遠いAさんが帰りの電車で寝落ちしそうになるのを食い止めるため、ひたすらLINEでやり取りをしまくる等もあったのだが、Aさんは何とか寝過ごさずに帰宅できたのでホッとした。

寝る前にちょっとだけ電話する。

自分に恋人ができた。好きな人と両想いになり、泣きそうなくらい嬉しかった。

薬飲み眠る。

2018年12月3日月曜日

2018年11月24日(土)

2018年11月24日(土)

9時過ぎに起床。バナナとドーナツを食べて朝食とす。今日はここ最近毎晩のように電話していた女性との初めてのデート(!)の日なのである。ドキドキするとともに、何故か粛々とした厳かな気持ちになるのが不思議だ。

自分が持っている中で最もお洒落なお気に入りの衣服に着替え、入念に髪をセットする。グリースをつけて入念に横わけにするが、どうしてもピローンと飛び出してしまう毛束があり、どうにもならないので愛嬌ということで諦める。

カメラをリュックに入れて家を出る。外は曇り空。少し肌寒いが、心地の良い気候であるしドキドキしている自分にとってはこのくらいが丁度良い。

道中コンビニでホットコーヒーを購入。電車に乗り上野へと向かう。電車に揺られながら、まさか自分にこんな日が訪れるなんて、と何度も考える。

上野駅につくと、連休の中日ということもあり改札口が大変な混雑をしていた。ここで待ち合わせるつもりだったが、あまりの混雑ぶりに急遽待ち合わせ場所を変更することに。

上野公園に入ってすぐのところにある西洋美術館の前で待ち合わせることにして、待ち合わせ時間の15分くらい前だったが到着した自分は、とりあえず気を落ち着けるために西洋美術館の外にある喫煙場所でタバコを一本吸ったのだった。

水が飲みたい、そう思って自販機にコインを入れるもつり銭切れのため買えず、隣の売店に入り水を買う。100%混じりけなしの東京水というのが100円で売っていて、日々東京の水道水を飲んでいる自分だが「東京水!そういうのもあるのか」と思った自分はそれを購入した。外へ出て飲んだらいつも飲んでいる水道水と同じ感じの味がしたのだった。

それからほどなくしてAさんがニコニコしながらやってきた。挨拶もそこそこに、二人でニコニコしながら歩き出す。

二人で色々なことを話しながら、ゆっくりと公園の中を歩く。少し日が差す瞬間があって、セロトニン、と思いながら日光を浴びる。階段を下りると大きな蓮の池に出た。鳥がたくさん飛んでいる。開けたところを歩くのは気持ちがいい。持ってきたカメラで鳥などを撮ったりする。

途中ワゴン車を停めてコーヒーを売っているお店があったので、今日二杯目のコーヒーを購入。自分が好きなマンデリンが売っていたので良かった。「お会計800円くらいですね」とアバウトな感じで言ったお店のお姉さんがおかしかった。

座りながら飲もう、ということで、コーヒーを持って再び歩き出す。

池のほとりのいい感じのところにベンチがあったので、そこに座りコーヒーを飲みながら、さらに二人で色々な話をする。隣のベンチではおばさんがスケッチを描いており、反対側のベンチではおじさんがスポーツ新聞を読んでいる。目の前の池では鴨がたくさん泳いでいる。

フィルムを一本撮り切ったので、カメラに新しいフィルムを装填する。何だか時間の流れがとても穏やかだ。早速新しいフィルムを入れたカメラでAさんを撮ったりする。

それから再び歩き始めて、また池のほとりの別のベンチに座って休憩。ボート乗り場からはAMラジオの音声が聞こえてくる。鳥がやってきては池にめぐらされた柵の上にとまり、羽を休めている。

何の話をしていたかというと、お互いの仕事のことや、今までの人生のこと、好きな食べ物のことなど他愛のない内容ばかりなのだが、話していてとても楽しい。

たまに日が差すとはいえ、池のほとりは結構冷えるので、再び歩き出す。

そろそろお昼の時間だ、ということで、いったん上野公園を出てストリートへ。アメ横をうろうろするが、ご飯を食べるところはどこもすごい行列である。どこかいい場所あるかな、と思って歩き回るが、特に思いつかないので内装がやばい昔ながらの喫茶店が駅の方にあったのを思い出し、そこへ行くことにする。

お昼どきということもあって、喫茶店はそれなりに混んではいたが、特に待つこともなく店に入れた。窓際の席に座り、Aさんはオムライスを、自分はクリームシチューをオーダーする。久しぶりに食べたクリームシチューは泣きそうになるほど美味しかった。

食後のコーヒーを飲みながら、またああでもないこうでもないと色々な話をする。買いたいと言ってくれていた自分のアルバム "HOMEWORK" と、おまけで持ってきた "BRKZine #2" を渡すと、お返しにAさんが作ってくれた、彼女の好きなアーティストの曲たちを集めたミックステープとDVD、文庫本を一冊貸してくれたのだった。とても嬉しかった。

自分はコーヒーをお代わりして、色々話したのちに再びストリートへ。上野公園へ戻り、またゆっくりと二人で散歩をする。

上野公園の中の銀杏が黄色く色づいていてとてもきれいだ。のんびり散歩するのはとても良い。

公園の端まで来ると、足を伸ばして谷中の方まで行ってみようということになり、さらに歩く。日が傾いてきて街が金色の光線に彩られる中、谷中のストリートを歩いていく。途中スカイバスハウスに立ち寄って、展示されていたインスタレーションを観たりする。こち亀に出てきたオーギョーチー屋さんの前も通りかかったが、立ち寄らず。店の写真を撮るに留める。

それから谷中のストリートをゆっくり散歩して、再び上野公園に戻る。日も暮れてかなり冷えてきたので、上野公園の中で催されていた忍者フェア(?)の出店で売っていたホットワインを買い、二人で飲んで温まる。

大分いい時間になってきたのでそろそろ夕食を、ということで、上野にあるお気に入りのチャイニーズレストランへ。羊肉の串焼きやハチノスの四川風和えなどに舌鼓を打ちつつ、たくさん色々な話をして楽しかった。料理があまりにも美味しくて、紹興酒が進む。

22時過ぎに解散。とても盛り沢山で楽しい一日だった。

Aさんに完全に恋してしまった。

夜、帰宅後Aさんと電話。一日中一緒にいてたくさん話をしたのに、それでもまだまだ話したいことがたくさんある。

シャワーを浴びて薬を飲み、安らかな気持ちで眠りにつく。



2018年11月29日木曜日

2018年11月23日(金) ジンギャザ2018のこと・他

2018年11月23日(金)

この日は勤労感謝の日・祝日。10時ごろ目覚める。バナナとドーナツ食べて朝食。午前中着指定で荷物が届くはずだったが、映画を観に行くことにしていたので、運送会社の人には申し訳ないが着替えて家を出ることに。

バスと電車を乗り継ぎ阿佐ヶ谷へ。「君の鳥はうたえる」という映画を観に。この日が最終上映・11時からの一回のみの上映ということだったのだが、上映開始の10分前に映画館に着けばいいだろうとたかをくくっていたところ、あろうことかチケットが完売してしまっており観ることができなかった。

映画を観るつもりが予定が狂ってしまったので、近くのラピュタ阿佐ヶ谷でやっていた「トイレット部長」でも観るか?とも思ったが、時間が微妙なので諦める。

電車とバスを乗り継ぎ次の目的地へ。15時から髪を切る予約をしていたので。

お気に入りのラーメン屋で昼食。天気も良く気持ちがいい。

髪を切るまで時間が空いてしまったため、喫茶店に入る。リュックの中に突っ込んであった本がルソーの「人間不平等起源論」だったため、全然気分ではなかったが、それしかやることがないのでコーヒーを飲みながら読み進める。

コーヒーをおかわりして二時間ほど粘り、店を出て床屋へ。金がなく髪を切ることができなかったため大分伸びてしまっていた。いつもどおりいい感じに切ってもらい、サッパリする。床屋ではビースティーボーイズのライブ音源が流れていた。

電車を乗り継ぎ桜台へ。途中ドトールでコーヒーを買う。桜台poolで催されていたTokyo Zinester Gathering 2018、通称ジンギャザへ遊びに。年に一度の楽しみ、とても大好きなイベント。ジンギャザとはzineを作る人たちが自作のzineを持ち寄り、お互いにトレードしあったり購入したりすることができるイベントで、またday1とday2の両日それぞれzineにゆかりのあるアーティストたちによるライブも楽しめるという、とても楽しいイベントなのである。

zineとの出会いもライブももちろん超楽しみなのだが、最近自分は何かものを作ったりしたいようなモードではなかったので、ジンギャザに遊びに行くことで何かいい刺激がもらえないだろうかと期待していたのだった。

poolへ着くと早速シルクやぎぬまさんに遭遇。もっといい状態!ステッカーをいただく。嬉しい!中へ入り、Lilmagの野中モモさん、IRAの成田さん、なでろうさん、bikiさんと久々の再会。皆温かく迎えてくれるのでとても嬉しい。みんな元気そうで良かった。なでろうさんから彼女の作ったzine「なでスポ」をいただく。躍動感のあるイラストと、プロレスに対する愛情と熱のこもった文章が素晴らしい。

KOITAMAさんの作ったzine、「BEATMAKE DIARY」がジンビキアミに吊るしてあったので読む。ビートメイカー/ラッパーであるKOITAMAさんの一日を切り取ったzineで、リサイクルショップでサンプリングネタのレコードを購入するところから始まり……読んでいてめちゃくちゃ面白い!後で購入しよう……。

18時を回ったころ、ジンギャザday1のライブのトップバッターであるあヴぁんだんどの二人によるライブが始まる。陽のグッドバイブスに満ちた彼女らの元気いっぱいのステージングは、とてもキラキラしており観ていて楽しかった。

二番目は玉名ラーメンさん。今年リリースされた慕情tracksのコンピレーションアルバム "慕情 in da tracks" で彼女の曲を聴いて以来気になっており、この日ライブが観られるのを楽しみにしていた。ラップトップ1台とマイク1本、太陽の塔のTEEシャツにアディダスのジャージという控えめながらも激クールな佇まいでライブが始まる。鳴らされたビートの一音目から虜になってしまった。玉名ラーメンさんの作る音楽は、生活におけるとまどいや悲喜こもごもの言葉にならない曖昧な感情たちを感じたままに音楽へと昇華しているように聴こえて、その表現の激FRESHHHHHHHHさに絶句するとともに大変感動した。なんと若干17歳!!未来は明るい。

彼女のライブで披露された中で特に耳に残ったのが、Soundcloudにアップされている "my summer memories" という曲。気だるげに、そして切なく鳴るシンセのフレーズが聴く者の胸をかき乱す。一瞬のような永遠のような、一度限りの17歳の夏。宙ぶらりんの曖昧な感情を、何かに刻みつけるようにスピットするリリックが素晴らしい。

最後に披露された "Genome" という曲も素晴らしかった。玉名ラーメンさんのライブが素晴らしすぎて激FRESH過ぎて胸がいっぱいになった。これだけで今日ジンギャザに遊びに来た甲斐があったというもの。こういう衝撃的な出会いが毎回あるからジンギャザはたまらない。

ライブ後玉名ラーメンさんに話しかけ、ライブ素晴らしかったですということを伝える。彼女が作ったzineをいただく。そのzineも激FRESHだった。hikaru yamadaより託されていた彼の最新アルバム "Everything drops except stamps" を玉名ラーメンさんに渡す。

ライブは続いてともビッチさん、KOITAMAさんの二人によるライブ。「ビッチ……ビッチ……」とフックで連呼するTRAPチューンが流れる中、CDJ & ミキサーを前に佇むKOITAMAさんと、サングラスを掛けオーバーサイズのパーカーを着た、まさにBAD BITCHな出で立ちのともビッチさんが椅子に座っている。一曲目はともビッチさんのクラッシック "Cの上" !!KOITAMAさんのビートの鳴りもバッチリで最高!めくるめく楽しいライブでハンザップなどする。途中ともビッチさん制作のzine「BITCH TIMES」が号外として配られ爆笑。

ライブ後ともビッチさんのアルバム "らん・らん・らんし" とKOITAMAさんのzine「BEATMAKE DIARY」を購入!さらにともビッチさんが作ったもう一つのzine「私はフタが閉められない」をいただく。このzineを読んでさらに爆笑!!これは2018年ベストzineかもしれない……。

ライブの合間にシルクやぎぬまさんのシルクスクリーンショップでキャップにSATURDAY LABのロゴをプリントしてもらう。かわいいロゴなのでめっちゃ嬉しい!

ライブは続いて蛭田竜太さん。スーツを着たいなたい出で立ちが只者ではない感じ。「zineを作るようにして作った曲です」と言って演奏したカレーの歌や立ち食いそばの歌が良かった。ギタープレイや歌のメロディーの危うい感じがたまらない。

続いていよいよ大トリのDEATHRO!!フロアーの期待が最高潮に高まったころ、二階のPA席よりマイクで煽りまくる。それからはめくるめくDEATHROワールド!!半端ない!!DEATHROさんの大きな愛をビンビンに感じて、そのロックスターな佇まいに惚れ惚れした。後ベースのユカリさんがめちゃくちゃかっこよかった!!

全5組のライブを観終えて大満足!後はフリーzineコーナーに置いてあったzineをたくさんもらってきて(「ゆるさんぞ~」というzineがくだらなくも切実で良かった)、友達みんなに挨拶、野中モモさんより新しいzineをいただく。ありがとうございます!!今年もジンギャザ最高だったな。自分もまたzineを作ったり音楽を作ったりしたくなった。何か作ろう!

帰りの電車でモモさんのBIKINI KILLについてのインタビューについて書かれたニューzineを読みながら、その内容の濃さに興奮。めちゃくちゃ面白い!!!!

帰り富士そばで紅しょうがちくわ天そばを食べディナーとす。

ヘロヘロで帰宅後、また電話をする。とても楽しい。

シャワーを浴びて、薬飲み眠る。

2018年11月27日火曜日

2018年11月19日(月)~2018年11月22日(木)

2018年11月19日(月)

眠いな~と思いながら8時半ごろ起床。バナナとドーナツを食べ朝食とす。

休み明けで気持ちはレイムだが、今週は水曜まで社長が出張で不在のため気楽なもんだ。事務所に自分一人となったタイミングで、音楽などかけながら仕事をする。

定時になったら即会社を出て帰路に就く。帰宅後はまたレトルトカレーに小松菜と納豆をトッピングしたものを食べ、デザートに柿を剥いて食べる。週末に掃除をしたので、家の中がきれいでうれしい。

食後音楽を聴き、薬飲み眠る。


2018年11月20日(火)

朝から上がるメールがきており、ぶち上がるとともに動揺する。

バナナとドーナツ食べて朝食、朝空き缶のゴミを出したのち出勤。今日も事務所でひとりなので、ツイッターで見かけたメンフィスラップのMIXなどを聴きながら仕事をする。808とSP-12をあしらったアートワークがいいね……。

夜、女の子と電話(!)する。こんなことが自分の人生に起きるとは。

薬飲み眠る。


2018年11月21日(水)

朝起きてバナナ、ドーナツ食べ朝食。

仕事へ行き、またしても事務所にひとりなので昨日に引き続きメンフィスラップのMIXを聴きながら仕事をする。

iTunesカードを購入し帰宅、Playboi Cartiの "Die Lit" をiTunesで購入。冷たくミニマルなビートと、曲中に入る「ピッ」という合いの手がヤバい。最高。

夜、また女の子と電話。楽しい。

薬飲み眠る。


2018年11月22日(木)

朝起きてバナナ、ドーナツ食べ朝食。

今日は出張に行っていた社長が普通に出勤する日だったので、久しぶりにあれこれ小言を言われて閉口する。俄かに仕事が忙しくなる。

今日はミラクル木曜(給料日前倒しの木曜日のこと)なのでお給料が振り込まれる。明日から三連休ということで、四文屋へ行きチル。

夜、また女の子と電話。楽しい。

薬飲み眠る。