3017年7月26日土曜日

2018年予定

MCビル風はただ今ライブ活動休止中です。

MCビル風のバイオグラフィと連絡先こちらのページに掲載されています。よろしければご覧下さい。

最近ずいぶん暑くなってきましたので、どうかお身体にはお気をつけてお過ごし下さい。

2222年2月23日土曜日

MCビル風のLIL 1/2 DEAD

「MCビル風のLIL 1/2 DEAD」という曲を作って録音してSoundCloudにアップしました。よろしければ聴いてみてください!

試聴リンクはこちら

使用機材:Korg ES-1 & EA-1、CUSTOM TRY CM-2000 MIC、ART TUBE MPマイクプリ、AKAI MG614、Behringer MDX2100


2222年2月22日金曜日

MCビル風 Live at 「第二回 俺たちを敬え」 2016/6/4



MCビル風 Live at 「第二回 俺たちを敬え」 2016/6/4 

撮影: 白岩 義行
Twitter →https://twitter.com/yoshiraiwa
Facebook→https://www.facebook.com/yoshiyuki.sh...

田島ハルコ x エレファントノイズカシマシpre 「第二回 俺たちを敬え」
2016/6/4(sat)17:30~ ¥1000
@中野ベースオントップ211

出演:
田島ハルコ
エレファントノイズカシマシ
KLONNS
MCビル風
エママウス
シベールの日曜日


2018年6月19日火曜日

2018年5月10日(木)~5月13日(日)

2018年5月10日(木)

良かったスケートビデオ→https://youtu.be/fqINE8EczeE

ヴェイパーウェーブのクラシック、MACINTOSH PLUSの「フローラルの専門店」をこないだ初めて聴いて、ヴェイパーウェーブがCHOPPED & SCREWEDのバリエーションの音楽だったということを初めて知る。もっとアンビエントな感じのシンセがファ~と鳴っているような音楽だと勝手に思い込んでいた。

日中つらくて仕方がない。もうこのまま一生ひとりで生きていくしかないのかもしれない。全部諦めて、その覚悟を決めなくてはいけない。

仕事が終わったあと、7-11のから揚げ棒をよく食べている。

薬飲み眠る。


2018年5月11日(金)

引き続き鬱がつらい。

Frank Oceanのアルバム "ENDLESS" を聴く。一曲目のアイズレー・ブラザーズのカバー、"At Your Best (You Are Love)" が鳥肌が立つほど美しく、素晴らしい。歌詞もきれいで泣ける。

薬飲み眠る。


2018年5月12日(土)

色々限界となったため、急遽実家に帰ることに。母の日のプレゼントとしてワインを買った。

道中ずっと「フローラルの専門店」を聴く。

19時半をまわったころに実家着。みんなで夕飯を食べる。みんな元気そうで良かった。食後、兄夫妻に生まれた甥っ子の写真を色々見せてもらう。とてもキュートだ。

夜中は実家ディグ。CDの山をあれこれ探し回るが、実家から持っていったところでちゃんと聴くかどうかはよく分からない。でも、聴きたいと思うものをPICK UPする。何となくだけど、実家に置いてあるCDは青い感じのものが多い。ハードコアパンクとかも多い。

ULTRAMAGNETIC MC'Sの星の数ほど出ている半ブートみたいなレア音源集のひとつが出てきたので久々に聴く。かっこいい。

実家ディグがひと段落したので近所のコンビニにアイスを買いにいく。

薬飲み眠る。


2018年5月13日(日)

実家に転がっていたRolandのサンプラー、MS-1をPICK UPして持って帰ることにした。超ローファイコンパクトサンプラー。

昼食をみんなで食べ、遅くならないうちに東京へ戻るため実家を出る。駅まで送ってもらう車中、父親と話をするが、認識がズレまくっているということを改めて確認した。要するに、何にも分かっちゃいないということである。気を使うのも果てしなく面倒なので、やはり可能な限り実家とは距離を置くしかない。

東京の自分の家に戻り、母親が持たせてくれた夕飯のおかずをチンして食べる。おいしかった。

薬飲み眠る。

2018年6月15日金曜日

2018年5月3日(木)~5月9日(水)

2018年5月3日(木)

GW後半戦初日。三連休から平日を二日挟んでの四連休で、前半の三連休の反省(ずっと死んでおり気が滅入りっぱなしで何もできなかった)を踏まえて望むというか、もう特に何の期待もせず、どうせ大したことはできないだろうという気持ちで迎えた後半戦。

昼間は先日ブックオフで購入したドイツの映画監督R・W・ファスビンダーの著書「映画は頭を解放する」を読む。ファスビンダーはメロドラマの形式を究極に突き詰めて観た後に最悪の気持ちになるくらいに救いようのない人間の愚かさ、愛の報われなさを描く映画監督なのだが、この本は彼のその厭世観が存分に散りばめられた映画論/エッセイ集で、すごい筆致に震えながら読み進めた。冒頭ではダグラス・サークというアメリカ・メロドラマの巨匠の映画評を展開しているのだが、触れられている作品どれも観たくてたまらなくなってしまう。

夕方外へ出てスケートなどする。

夜、みそ汁の残りを用いてインスタントラーメンを作り夕食とす。

食後「KILLDOZER(邦題: 殺人ブルドーザー)」のDVDを観る。南の島の石油プラントで作業しているブルドーザーに突然宇宙人が取り付いてしまい、作業員たちを次々殺していくので何とかする話。深刻なのに話は淡々と進んでいき、GWの深夜、宙ぶらりんな気持ちと妙にフィットして具合が良い。

薬飲み眠る。


2018年5月4日(金)

BUDDHA BRAND、DEV LARGEの命日。D.Lに顔向けできるくらい毎日熱く生きているか、そう自分に問いかけるも残念ながら答えは否である。氏が残した音源を次々に聴いていき、背筋を伸ばす。

夕方外に出てスケート。うまくならないな。

夜、餅を焼いて食べる。

病気の療養のためにとにかくストレスを減らすことを最優先にした結果、心身への負担は少ないが何も生産的なことができないということに気づく。やっぱりどこかで無理をしないと自分は何もできない。ちょうど良いポイントが見つけられたらいいのだが。

薬飲み眠る。


2018年5月5日(土)

Lil Yachtyを聴く。

昼間友達と会う。元気なのかどうなのか。しかしできるだけ友達には会えるときに会っておきたい。

夜帰宅後アイスふたつ食べる。

薬飲み眠る。


2018年5月6日(日)

早いもので、連休も最終日。あらゆるハードルを下げまくった結果、だらだらレコード聴いてるだけで楽しい、というような感じになれたので良かった。

夕方外に出てスケート。オーリー180全くできる気がしない。

その辺の路地で滑っているのだが、小一時間ばかり滑ったところで警官がやってきて、「スケボーしてる人がいると通報があったので止めてください」と言われ、ショックを受ける。世知辛い……。

夜、つらくなる。DJ SCREWのスクリューミックス諸作を聴いて、時間の流れを遅くしてもらう。

薬飲み眠る。


2018年5月7日(月)

連休明けで非常に気持ちがレイムな職場。とにかく流しで仕事するしかない。

調子悪。つらい気持ちと低気圧と連休明けのダルさと。

夜は100円ローソンのコロッケ3個入りを食べる。プラスチックの食品サンプルのような食感に驚く。アイスふたつ食べる。

つらい。疲れた。

薬飲み眠る。


2018年5月8日(火)

頭の中を横沢俊一郎の曲たちが延々リピートで流れている。去年の10月くらいのことを思い出す。涼しい気候のせいかもしれない。

コンビニでエブリバーガーが売っていて上がる。早速買い求める。ハンバーガーを模したビスケット菓子でチョコレートが間に挟まっている。見て楽しい、食べておいしい。

唐揚げ棒にもハマってしまい、仕事のあと7-11で買い求めて食べるようになった。

鬱がひどく、あきまへん。つらく悲しい気持ちを持て余して、3RD BASSなぞ聴く。つらいときはMF DOOMのことを考える。

薬飲み眠る。


2018年5月9日(水)

エブリバーガーの再発とともに同じくブルボンのチョコレート菓子のクラッシック、きこりの切株もリイシューされたので買い求める。切株を模したビスケットにチョコレートが挟まっている。見て楽しい、食べておいしい逸品でRある。

死にながら仕事をして、ずいぶん友達が減ったなとふと思う。

ブログに日記を書くが、内容が無さ過ぎて驚く。と書いている今も内容が無いのでしょうがない。

夜、アイズレー・ブラザーズの日本編集盤、"Mellow Isleys" を聴く。

薬飲み眠る。


2018年5月22日火曜日

2018年5月22日に見た夢

夢の中でもうすぐ自分は死ぬところだった。仕組みは分からないが何時何分に寿命を迎えて死ぬということがあらかじめ分かっていたので、別段焦ったり、悲しいとかはなく、ああ、そうなんだな、自分の人生はもうすぐ終わるんだ、とだけ思う。終わりの時が分かっていれば、それまでに色々な人にお別れを言ったり、家族で過ごしたりできるので良い。死ぬのが怖かったかというと、死ぬ時間が段々近づいてくるに従い意識が少しずつぼんやりしてくるので(ちょうど眠りに落ちるときに意識が薄れていくような感じ)、全く恐怖は感じなかった。夢の中で自分は死ぬまでの時間を家族とともに過ごしている。普通に過ごしてはいるが、やはりみんなどこか悲しそうだ。でも自分は全然悲しいとは思わない。みんなでご飯を食べて、食後昼寝をする。とても安らいだ気分で。自分が死んだあと、ツイッターでエゴサーチしてみんなの反応が見られないのが残念だ、とかしきりにそんなことを考えていたのがおかしかった。死ぬ前の最後の三十分、身体は痺れてあまり感覚がない。でも、死に場所はここにしたいと思って、好きな人に会いに行く。その人に迎え入れられて、そっと抱きしめられて、心底安心する。その人の腕の中で、眠りに落ちるように段々意識がフェードアウトしていき、そして死んだのだった。夢なのでとても都合が良い内容だけど、いい夢だったと思う。

2018年5月15日火曜日

2018年4月29日(日)~5月2日(水)

2018年4月29日(日)

連休二日目。世間に溢れるGWの空気感にやられて激鬱状態になり落ち着かぬまま気が滅入りまくり死にたくなる。

タワレコ通販サイトのアウトレットセールで色々安く買ったCDを片っ端から聴いていく。


2018年4月30日(月)

連休三日目。昨日おとといと何もできなかったので、連休に何かしよう!という考えを捨てることにした。

無にやられながら死んでいる。死にながら音楽を聴いている。

夕方になり空腹を覚えたので夕食の準備に取り掛かるが、ふと思い立って米を炊く際お釜にいつも食べている鯖の缶詰を入れてご飯を炊いたら鯖の炊き込みご飯になるんじゃないの、と思って試しにやってみる。

外が暗くなった。三連休最後の夜だ。

このまま死んだまま終わってしまうのはあまりにもあれなので、思い立って行ったことのないブックオフに行ってみることに。

外を歩いていると暑くて汗ばんでしまう。

ブックオフにたどり着くと、CD売り場がやけに小さい店舗で面食らった。

色々見ていくとレッチリのライブDVDがあったので何故かそれを650円で購入。意味不明。

帰路ふと嫌な予感が頭をよぎって、帰宅するとほらやっぱり、炊飯器の内側のアルミ蓋(取り外しできるやつ)を洗ったまま再度装着するのを忘れた状態で鯖の炊き込みご飯を炊いてしまっていた。

内蓋がない状態で炊くとどうなるんや……恐る恐る炊飯器を開けるとまあ見た目は普通。味見してみるとちょっとご飯が硬かったがまあ許容範囲。

そしていただきものの筍も煮ましょう、ということでクックパッドというサイトでレシピを調べて適当に煮てみる。

そんなこんなで、それなりに普段とは違う華やいだ夕食をとることになったのだが、筍はいただいてすぐに調理しなかったため、酸っぱくなってしまっていて悲しかった。あと鯖のご飯は缶詰の中の煮汁もすべて投入して炊いたせいかしょっぱい。でもいいね!普段と違うもの食べるのはね!

食後、Frank Oceanの2016年作「ENDLESS」のアナログ、ユニオンで極少数入荷!というのを運よく買えたのでそれを聴く。

感動のあまり胸がいっぱいになる。

薬を飲んだら恐ろしいほどの眠気に襲われ、着替えて電気消して寝る。


2018年5月1日(火)

連休の間の日。何で働かなくてはいけないのかさっぱり分からない。休みにしてくれればいいのに。

この日は昨夜調理した鯖のご飯と筍の煮物という弁当を持っていったため、お昼が華やかだった。

仕事は暇。暇で疲れる。

たった三日間休んだだけなのに、久々に働いたらえらく疲れてしまった。明日働いたらまた四連休、三連休の反省を活かして何かもっと生産的なことができたらいいと思うが、また同じように死んでいるだけの四日間になるかもしれないな、と思う。

良かったスケートビデオ→https://youtu.be/08lXpphTtiA


2018年5月2日(水)

昼間仕事中、ケンタッキーのオリジナルチキンとシェ~キ~ズのピザのことで頭がいっぱいになる。脂っこいものを沢山食べたい……しかし金がないので叶わず。

この日の夕方、一瞬だけ有になった瞬間があった。心が揺れ動き、ああ、そういえば自分は生きていたんだったな、そういう思いに胸が満たされる。

夜、気が狂ってアイスを三つも食べてしまう。